読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルレスキュー ハンドクラフターズ

神戸を中心にパソコンサポート・パソコンの修理や販売を行っているハンドクラフターズ株式会社のブログです。

シャープがんばれ!


大阪の家電メーカー、シャープが苦戦している。

私の考えだけど、液晶パネルや太陽光発電の大きな工場を作ったことが苦しくなった原因ではな

いだろうか?(そんなの誰でも知ってるのかな?)

日本のメーカーはどこも苦戦している。

けど、シャープの苦戦は見ていてツラい。

私は元々ソニーのファンだ。冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどをソニーが作ればたぶん買ったと思

う、というぐらいソニーファンだ。

ソニーが好きだから初めて買ったビデオデッキはベータだったしラジオは全てソニー、テレビももち

ろんソニーだ。

たぶん、ソニーの商品を持つと持った喜びとともに期待以上のものがあったのかもしれない。

デザインも良い。でも、アップルが昔のソニーとなっているのではないだろうか。

話しをもどしてシャープ。

シャープの製品は残念ながら一流ではなくて二流だ。シャープは元来一流を目指してはいけない

のではないだろうか。

二流だからこできる価格や機能が欲しい人も大勢いる。世界の亀山モデルを作ってはいけなかっ

たのではないだろうか。もう作ってしまったのだから活かせていかないといけないけど。

そこで、ソニーファンの私が今までのシャープの製品で良かったもの、欲しくて欲しくて胸が躍った

ものは何だったのか考えてみた。

(1)「ザ・サーチャー」 ラジカセ

ダブルカセットの大型ラジカセです。あの当時流行りました。

でも、私が買ったのは大型ではなくて小さいザ・サーチャーだったんです。

これ、大阪の深夜番組のサタデーバチョンで毎週プレゼントしてたのです。浜村淳の解説で

聴いてると欲しくなるんですよ。買いました(笑)。

カセット上から差し込みするんですよ。そしてラジオはデジタル表示。LEDのメーターがステキでし

た。デザインもかっこよかった。

これからでも遅くないネットやブルートゥースでつながるのはもちろんだけどカッコイイラジカセとか」

作った方がよっぽど売れるような気がします。spotifyとかapple Musicなどもラジカセ単体で対応で

きるとかだったら最高です。

(2)MZ-80シリーズ パソコンです。

パソコンが欲しくて欲しくてたまらなかった頃の憧れはモニターとカセット、キーボード一体型の筐

体をもったMZ-80シリーズでした。

結局、私はNECPC-8801を買ってもらったのですがMZ-80シリーズの憧れは今でもあります。

今やWindowsパソコンは形が違えどOSは同じなのでMZ-80のような筐体のWindowsパソコンを作っ

たらどうだろう。もちろん、あの大きな筐体では嫌われるでしょうから少しスリムにしてみたらいいと

思うのだけどなぁ。X1とかX68000のようなワクワクするようなデスクトップパソコンもあってもいいと

思う。最近のデスクトップパソコンはあんまりマニアックなものが無いし、シャープだから

できるものもあるような気がするんだけど。徹底的にマニアックなコンシューマーモデルを狙うのも

いいかも。出来ればその時の一番最高に近いスペックのパソコンを作ったらマニアは黙っていな

いだろう。


(3)ザウルス

日本のPDAの元祖であるザウルス。これも欲しかった。

アクオスなんて名前じゃなくてザウルスという名前でスマホ、もっとGoogleとかと一緒にアプリの開

発を進めたスマホの進化系のザウルス スマホ作って欲しい。

例えば耐ショック防水防塵スマホなんて欲しい。パナソニックやカシオも作ってるけど、ワイルドに

使えるスマホが欲しい。TPPでもっと農業はIT化される。そこに商機はあるかもしれない。

ジャパニーズスマホはザウルスで。ロボットの携帯電話なんていらない。


過去の商品から未来を考えてみたけど、他に考えられるものは・・・

(1)パーソナル風力発電

一軒家の庭先に建てて発電できるもの。もう太陽光発電は買取料金も小さくなってきた。

屋根の上に載せると屋根からの漏水の問題や発電しなくなったらどうなるのかなど問題もある。

小さな風力発電設備で家のバッテリーに蓄えて電気を賄うようになればコストの面でも

太陽光発電のような高額でもないだろう。

(2)遮光遮熱、発電窓用ガラス

既にシャープは液晶の技術を使って太陽の光を屈折して部屋の中に太陽光を取り入れる技術を

確立しているようだ。その技術と太陽光パネルの技術を利用して作れないだろうか。

(3)マルチコプター・ドローン

既に中国メーカーに遅れは取っているがシャープの技術で作るマルチコプターは期待できる。

人が行けないところに行く需要はこれからどんどん増えていくはずだ。100%国産のマルチ

コプター特に産業用に特化して作って欲しい。


まだまだ負けるなシャープ!!